希少な銘柄肉は通販で

和牛オブ和牛

寿司の種類について。

time 2021/12/21

寿司の種類について。

寿司とは、米飯と主に魚介類を組み合わせた日本料理になります。大きく分けると酢飯に生鮮魚介を使った早鮨と、魚介類を飯と塩で発酵させたなれ鮨に区分されます。さまざまな種類があり、外国でも人気なのが小さな酢飯の塊に魚介類などの種を乗せて両手で握って馴染ませた江戸時代に江戸で考案されたにぎり寿司、具と酢飯を海苔で細長く巻いたのり巻きは太さによって「細巻」「中巻」「太巻」と分けられており、いくらや雲丹など崩れやすい材料を乗せた物を軍艦巻と呼びます。家庭でできるものとして人気なのが手で飯と具を海苔で巻く手巻き寿司が人気です。

油揚げの一方を裂いて袋状にして煮付け、酢飯詰めたいなり寿司は酢飯だけを詰める場合と酢飯にニンジンや椎茸、ゴマなどを詰めるものなどがあります。生魚や卵焼き、刺身などを酢飯の上に散らして飾りの乗せたものを具を散らして作ることからちらしといいます。祭礼などのハレの日で家庭で作られる五目ずしと呼ばれる物は干し椎茸の煮付けやカンピョウ、酢レンコン、エビや焼き穴子などの魚介類や野菜を使い、紅ショウガや錦糸卵を飾ったものになります。ほかにも、薄焼き卵で包んで茶巾にしたものや、酢飯と具を重ねて力をかけて押したもののほか、近年では世界各国に進出しており、日本伝統の食材を使ったものではなく食肉や野菜を使用したりマヨネーズやチーズをソースとする創作寿司なども流行しています。

また、地方で食べられているものにもさまざまな種類があります。

down

コメントする