希少な銘柄肉は通販で

和牛オブ和牛

健康食としても知られる寿司の栄養学

time 2021/12/09

健康食としても知られる寿司の栄養学

近年、和食は世界で健康食として注目を浴びています。和食の代表的な例でもある寿司も健康食として海外でブームとなっています。<寿司の健康効果>・生活習慣病予防光もののすしにはコハダやアジ、サバ、イワシなどの青魚が多いのが特徴です。青魚の脂肪成分は高度不飽和脂肪酸と呼ばれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれます。

これらは血中のコレステロールや中性脂肪を減らすことで、動脈硬化を防ぎ、心臓疾患、脳卒中、糖尿病、腎臓病などの生活習慣病を予防します。・美肌効果ヒラメは、高たんぱく、低カロリーで消化吸収の良い食材です。コラーゲンといわれる肌を美しく保つ成分を含むので、女性にオススメです。・疲労回復イカやタコにはタウリンといった栄養素が含まれます。

タウリンは疲労回復効果があるため疲れが溜まっている際におすすめです。またタウリンにはコレステロールを減らす、血圧を下げるなどと多くの健康効果があります。・がん予防ウナギ、アナゴ、ウニはビタミンA、ビタミンEを豊富に含みます。ビタミンAはがん促進因子を抑制する働きがありビタミンEは、抗酸化作用があるため体の老化を防止します。

醤油には塩分が多く含まれるためつけすぎは控え、果物や野菜などカリウムの含まれる食材も一緒に摂取すると高血圧の予防になります。このように寿司のネタによって異なるため栄養素は様々です。それぞれの長所を見つけてバランスよく召し上がるのが良いでしょう。

down

コメントする